刻印を使うときとは

刻印とはなにかを知ろう

刻印とはどのようなものですか 

刻印とは、印を刻むことで、名前や数字、アルファベットなどが使われています。 刻印には2つの使用方法があります。一つは、自分の名前やイニシャルなどを彫って自分の所有物であることを示すための物です。この方法は結婚指輪などによく使われています。もう一つは、自社の製品に型式番号や製造年月日、個別の識別番号などを入れるケースです。製品の物流や履歴を調べるために、また品質を管理するためにこうした方法がとられます。

環境問題と工業の情報

© Copyright 工業と環境問題について. All rights reserved.